チャールズ・ディケンズ博物館(Charles Dickens Museum)

    通常
    £12.50
    /人
Charles Dickens Museum, London
Charles Dickens Museum, London

何をするか

チャールズ・ディケンズの元の自宅を探索しましょう。ディケンズは『オリバー・ツイスト』、『大いなる遺産』、『荒涼館』などの著書で知られる文学巨匠です。

Go City®周遊パスでチャールズ・ディケンズ博物館を訪れましょう。

  • Go City®で当日の入場料が無料です。パスだけご提示いただければご入場できます。
  • ディケンズが愛したヴィクトリア朝の家、ダウティ通りの自宅を訪れ、彼が創作した作品の多くが生まれた場所を探索してください。
  • 初期の原稿から個人的な思い出まで、何千ものディケンズ関連のアイテムを閲覧することができます。
  • 入場料に含まれる季節限定の展示会やイベントにもアクセスできます。

地球上で最も包括的なディケンズ関連資料のコレクションを発見してください。

こちらの博物館は、家具、美術品、写真、手紙、初版本、そして他の個人的な品々を含む10万点以上のコレクションを誇り、ディケンズ作品のファンには必見です。

本物のヴィクトリア時代の食器、肖像画、装飾品、絵画で飾られた部屋を探索し、家族の寝室や使用人の居住スペースにものぞいてみましょう。

ディケンズの書斎も見学できます。ここで『ニコラス・ニックルビー』や『ピクウィック・ペーパーズ』などの小説が、ディケンズ自身がろうそくの明かりで書かれました。また、偉大な作家自身が設計した赤い読書机も見ることができ、この机の上で彼は自身の小説の一部を世界中の聴衆に朗読しました。

博物館には、ディケンズの妻キャサリンの婚約指輪、この家で書かれた小説の手書き原稿、そして著者の多くのスケッチや肖像画など、見逃せない宝物が数多く展示されています。

見どころ
執筆机(The study) - オリバー・ツイストやピクウィック・ペーパーズをはじめとする文学古典が書かれた部屋を訪れることができます。
読書机(Reading desk) - ディケンズが世界中で行った朗読の際に講台として使用された象徴的な赤い机です。
カフェとショップ(Café and shop) - 美味しいケーキや軽食が楽しめる小さなガーデンカフェがあり、ディケンズの小説やその他のお土産が詰まった好奇心をそそるお店もあります。

オールインクルーシブパスでチャールズ・ディケンズ博物館(Charles Dickens Museum)(その他多数のアトラクション)を体験しましょう。

オールインクルーシブパスを見る。

行く前に知っておこう

入場のご案内:入り口でパスをご提示頂くだけでご入場できます。

注意事項:ご入場は利用可能な時間帯によります。次の利用可能な時間帯を待つように求められる場合がありますのでご了承ください。

 

チャールズ・ディケンズ博物館のチケットヘルプ
ご不明な点がございましたら、ヘルプチームにお問い合わせください。

詳細については、チャールズディケンズ博物館の公式ウェブサイトをご覧ください。

 

滞在先

営業時間

水曜日-日曜日:10AM-5PM

最終入場:4PM

休業日・祝日

月曜日、火曜日

安心してお買い求めください

キャンセル無料

プランは変更されることがあります。有効化されていないパスはすべて、購入日から90日以内であれば払い戻しの対象となります。

詳細はこちら

ヘルプ

お困りですか?私たちがお手伝いします!

よくある質問を見る

Go City®を選ぶ理由は?

Save More Icon

もっとお得に

各アトラクションで料金を支払うよりも断然お得です!
Experience More Icon

もっと楽しむ

現地のエキスパートが厳選した人気アトラクション、ツアー、アクティビティをご紹介します。
Always Easy Icon

いつでも簡単に

1つのパス、1つの料金、人気アトラクション情報の全てがスマートフォンに!

5%の割引をご利用ください!

ニュースレターにご登録いただくと、限定割引や旅のインスピレーション、アトラクションの最新情報をメールでお届けします。

  • Thick check Icon
Visitor Out Of Test