空母ミッドウェイ博物館(USS Midway Aircraft Carrier Museum)

    通常
    $32.00
    /人
Midway
Midway
Midway

何をするか

空母ミッドウェイ博物館(USS Midway Aircraft Carrier Museum)を訪れて、この長年にわたり使用されたアメリカの空母を探索してください。

Go City®周遊パスで空母ミッドウェイ航空母艦博物館を訪れましょう

  • 当日は、入り口でパスを見せるだけで入場できます。
  • 3階建ての高さの格納庫デッキとフライトデッキのある野外での体験をしましょう。
  • 無料のオーディオツアーヘッドセットは6ヵ国の言語でご利用になれます。
  • このパスは、サンディエゴの他の多くのアトラクションも訪れることができますので、そちらもチェックするのを忘れないでください!


寝室、機関室、ギャレー、船の刑務所など、約60の展示品をセルフガイドツアーに参加してください。

船の数十年にわたるサービスと、船上で奉仕した225,000人の船員についてのすべて学べます。空母ミッドウェイ航空母艦博物館のマルチメディアディスプレイの展示、インタラクティブな体験などを探索してください。オーディオツアーは、ミッドウェイの船員が、ナレーションをしており、ミッドウェイの歴史に命を吹き込み、一度の航海で数ヶ月間海上の船上での生活に関する直接の経験談を聞けます。

USSミッドウェイ博物館のチケットで歴史を体験しましょう

時間をさかのぼり、船の規模の巨大さと美しさに驚かされることでしょう。Go City周遊パスで、この博物館だけでなく、サンディエゴの他の多くのアトラクションを低コストで楽しむことができます!

見どころ

格納庫デッキ(The Hangar Deck) - これはあなたが遭遇する船の最初のエリアです。これは、F / A-18ホーネット、第二次世界大戦SDBドーントレス急降下爆撃機、朝鮮戦争のF9F-Pクーガーなど、細心の注意を払って復元された29機の航空機のコレクションを備えた船の格納庫デッキとして機能します。2020年1月からは、映画『ミッドウェイ(Midway)』の撮影に使用されたデバステーター機を再現した機体が展示されます。このオリジナルの小道具は、現存する唯一のデバステーターです。

フライトデッキ(The Flight Deck) - この野外の飛行甲板は、追加の航空機を迎え入れました。この飛行甲板と、飛行機が海上にいる間に離陸するための印象的な小さな滑走路を探索しましょう。デッキに駐在するドセント(Docents)は、離着陸方法に関する教育的な講義を提供しています。ここは、サンディエゴの最高の景色を楽しめる場所です。

キャプテンズ・ブリッジとフライトコントロールセンター(Captain’s Bridge and Flight Control Center)  - キャプテンズブリッジと呼ばれる船のメインコントロールセンターを見学できるのは、1日あたり約1,600人だけです。先着順なので、こちらを見学したい方は、直行してください!

バトル・オブ・ミッドウェイ・シアター(Battle of the Midway Theater) - ミッドウェイに乗っているこの90席の劇場では、感動的な15分のマルチメディア映画「Voices of the Midway」を上映しています。ミッドウェー海戦の詳細と、戦闘を生き延びた元軍人を特集しています。映画は彼の体験談を語る若い船員のホログラムが、ナレーションをしています。

クライムイン航空機(Climb-in aircraft) - 空母に乗って、コックピットとコントロールをチェックしてください。操縦席で飛ぶのがどんな感じかわかります。

下士官(The Lower Decks)- ミッドウェイの5,000人の船員の日常生活を垣間見ることができます。ここでは、キッチン、ランドリールーム、エンジンルーム、寝台、士官宿舎、アンカールーム、映画館などを見ることができます。

博物館の案内人(Museum docents)- ミッドウェイ博物館の主な特徴の1つは、船全体で遭遇する博物館のそれぞれの案内人が、ミッドウェイでの個人的な経験や楽しい逸話を熱意を持って共有してくれることです!

ファンテールカフェ(Fantail Café) - 1945年の船のオリジナルのメニューから作られた食事の海事をテーマにしたカフェで、是非味わってください。

ご存知でしたか?

  • ミッドウェイはCV-41空母に分類されています。
  • 船の長さは972フィート、重量は74,000トンで、非常に大きく、1945年から1992年まで乗船した船員から、「海上の都市(city at sea)」と「浮遊都市(floating city)」と呼ばれています。
  • 20世紀で最も長く就役している空母です。

Go Cityは観光に最良の方法です。パスには、空母ミッドウェイ博物館(USS Midway Aircraft Carrier Museum)のチケットと、1つのアトラクション料金を節約する価格で、他の数十のサンディエゴの人気アトラクションへの入場料が含まれています。

オールインクルーシブパスで空母ミッドウェイ博物館(USS Midway Aircraft Carrier Museum)(その他多数のアトラクション)を体験しましょう。

オールインクルーシブパスを見る。

行く前に知っておこう

入場のご案内:

 

USSミッドウェイ航空母艦博物館への入場は、パスを持って入口に直接進んでください。

注意事項: フライトシミュレーターなどの特別な乗り物はパスに含まれていません。

Go City周遊バスご利用の方限定にご予約が不要となります。

 

 

詳細については、空母ミッドウェイ博物館(USS Midway Aircraft Carrier Museum)ミッドウェーの公式ウェブサイトをご覧ください。

よくある質問

Q. USSミッドウェイ航空母艦博物館で見ることができる航空機の種類は何ですか?
A. この博物館では、ジェット機、ヘリコプター、異なる時代のプロペラ駆動の飛行機を含む、30機以上の修復された多様な航空機のコレクションが展示されています。

Q. USSミッドウェイ博物館ではガイド付きツアーは利用可能ですか?
A. はい、博物館では、ドーセントによるツアーと自己ガイドのオーディオツアーの両方を提供しており、訪問者に没入感ある体験を提供しています。

Q. USSミッドウェイ博物館は身体の不自由な訪問者にアクセス可能ですか?
A. 絶対に、博物館はアクセシビリティにコミットしており、エレベーターアクセス、車椅子の貸し出し、および障害のある方のための修正された展示を提供しています。

Q. USSミッドウェイ博物館でプライベートイベントを開催できますか?
A. はい、博物館は法人のイベント、軍の再会、およびプライベートパーティーのためのユニークなイベントスペースを提供し、どんな機会にも思い出に残る背景を提供します。

Q. USSミッドウェイ博物館で教育プログラムはありますか?
A. はい、博物館ではさまざまな教育プログラムが提供されており、フィールドトリップ、スカウトプログラム、およびあらゆる年齢の学習者を引き込むための一夜冒険などが含まれています。

Q. USSミッドウェイ博物館でどれくらいの時間を予定すれば良いですか?
A. ほとんどの訪問者は、博物館の展示、航空機、および対話型の体験を探索するのに約3〜4時間を費やします。

Q. 自己案内型の音声ガイドツアーと博物館の地図は何語で利用できますか?
A. 自己案内型の音声ガイドツアーと博物館の地図は、英語、スペイン語、日本語、中国語、ドイツ語、フランス語で利用できます。

Q. 駐車場はありますか?
A. USSミッドウェイ博物館に隣接するネイビーピアに駐車場があります。詳細は公式ウェブサイトをご確認ください。

滞在先

営業時間

毎日: 10AM - 5PM.

最終入場は4PM

休業日・祝日

感謝祭とクリスマスの日。
すべての休日の営業時間は予告なく変更される場合があります。

安心してお買い求めください

キャンセル無料

プランは変更されることがあります。有効化されていないパスはすべて、購入日から90日以内であれば払い戻しの対象となります。

詳細はこちら

ヘルプ

お困りですか?私たちがお手伝いします!

よくある質問を見る

Go City®を選ぶ理由は?

Save More Icon

もっとお得に

アトラクションパスは個別でチケットを購入するよりもお得です!
Experience More Icon

もっと楽しむ

現地のエキスパートが厳選した人気アトラクション、ツアー、アクティビティをご紹介します。
Always Easy Icon

いつでも簡単に

1つのパス、1つの料金、人気アトラクション情報の全てがスマートフォンに!

5%の割引をご利用ください!

ニュースレターにご登録いただくと、限定割引や旅のインスピレーション、アトラクションの最新情報をメールでお届けします。

  • Thick check Icon
Visitor Out Of Test